企業理念

スシ、シアワセ、セカイ

すしで広がる幸せで世界を包みたい

私たち「東京すしアカデミー」は”すし”をはじめとした日本食文化の担い手を育成し、
世界における日本食の普及・発展・価値向上を通じて人々に幸せになっていただけるよう取り組んでいます。

人を創り、日本食の未来を創る。

寿司職人学校「東京すしアカデミー」

2002年に寿司学校を開校以来2019年で17年目を迎えました。この間、世界中で寿司を筆頭に日本食市場が急拡大し、国内の訪日客の多くが、本場の日本の美食を称賛しています。

寿司職人の世界は、お客さんにとって長い間敷居が高い世界でした。私達は、次世代にこの寿司の文化を継承するため、人材育成を事業の柱としつつ、就職支援も国内と海外に強い人的ネットワークを構築中です。

寿司に特化した教育システムとしては、2ヶ月の短期集中コースから、週末コース、実際の寿司店で実践的に修行を体験するコース、英語ですべてを学べるコースなど国内外、男性女性と幅広い目的に対応しその選択肢を準備できる体制を整えています。

寿司店と日本食レストラン 実践の場を日本と世界各地で展開中

国内では東京オリンピックに向け、ますます寿司に対する多様なニーズが高まる中で、店舗の出店計画も2019年からはじまります。シンガポールでも今年2019年1月に新たに寿司店をオープンしました。

客単価5,000円

家族や同僚の方で思いっきりお寿司を楽しんでいただける業態を今後も展開します。東京すしアカデミーの卒業生が実践の場でまず実力をつける店でもあります

客単価1万円前後の寿司店

かつて街場の寿司屋さんがたくさんあった時代の懐かしさ、カウンターならではの寿司の楽しみを今の時代に合わせて改良していきます。

客単価2万円の高級寿司店

本格的な江戸前鮨を最高の食材と接客で提供できる店を2019年新たに開業します。しかも若手の寿司職人で構成し、寿司職人が成長できる店を目指します。

TSAグループ代表 福江誠

TSAのミッション

日本食文化の担い手を養成し、世界中に輩出します

世界に広げる本物の日本食文化
風土、気候はもとより、伝える人々によって変化していく食文化。
伝統を重んじながらも日本食が進化、発展し次世代に継承され、世界中で愛され続けるためにも、世界中に日本食のスクールを作り、日本食を普及させてまいります。
日本食が伝統を大切にしながら進化を遂げられるように確かな技術を身に着けた日本食文化への誇りをもった担い手を育成します。

日本食文化の世界進出を加速させます

「OISHII」と「OMOTENASHI」を世界へ!
「最高のおもてなしができる店=日本食レストラン」が世界の常識となる。世界中の日本食レストランで最高の「OISHII」と「OMOTENASHI」のエクスペリエンスを味わっていただけるように、海外進出、再生事業、教育研修などのコンサルティングを通じて日本食の世界進出をサポートしてまいります。
採用情報

上に戻る